3月職員勉強会( ..)φ

ガリラヤ荘では毎月1~2回の内部研修会を開催しております。3月は「基礎介護勉強会(褥瘡ケア編)」と「リスクマネジメント」について学びました。

基礎介護勉強会(褥瘡ケア)

『基礎介護勉強会』は、年間計画で全6回(食事・排泄・入浴・移乗移動・褥瘡・認知症)を実施し全事業所が参加している勉強会です。全スタッフが参加できるように2回開催しています。またガリラヤ荘では内部研修用のテキストがあり、そのテキストに基づいて丁寧なケアをさせていただけるよう努めています。

 

今回58名が参加し「褥瘡の基本」「ベッドでの安楽な姿勢と介助」について学びました。


褥瘡について現在様々な予防が進み、重症者を施設で看ることは少なくなりました。

そのため、若いスタッフや介護経験の短いスタッフは実際に見たことがないという状況も増えています。そこで、過去の例を写真で確認しながら、褥瘡についての基礎知識を再確認しました。

 

褥瘡予防として、スタッフが日々の中でできることの中で、今回は除圧と体位交換についての実技練習も行いました。安楽な姿勢を作りながら、除圧も丁寧に行う技術を実際に体験しながら、利用者の気持ちを考えることができたと思います。

 

一人ひとりが明日からの業務に役立ててくれることと願っています('◇')ゞ

 

過去の例を見ながらの講義

除圧と体位交換の実技


体験学習

リスクマネジメント勉強会

リスクマネジメント勉強会では、施設内、各事業所内に関する様々なリスクをどのように回避するのか、またその取り組みについての確認を行いました。少し小難しい講義となりますが、参加スタッフは真剣に講義を受けていました。

 

後半は介護事故についての説明を行い、その中で『KYT(危険予測トレーニング)』を行いました。『KYT』は、画像をみながら、”どこに””どのような危険”が潜んでいるのか、またその危険を”どのように回避すべきか”をトレーニングします。

 

互いに確認しあうことで、新たな発見もあり、また視野も広がります。これを繰り返すことで重大事故を未然に防ぐことにつながってきます。

 

さて、下記画像を見てどこに危険が潜んでいるか、イメージしてみてください。

※)画像はスタッフの勉強の一環で作成しているものであり、実際に画像のようなケアを行っているわけではありません。

今年度の内部研修は今回ですべて終了いたしました。

新年度については、現在計画中です。利用するすべての方々に丁寧なケアをさせていただけるよう、H27年度もスタッフ一同勉強していきたいと思います(^^)/



高齢者総合福祉施設ガリラヤ荘

〒791-0301

愛媛県東温市南方1766番地1

TEL:089-966-2293

FAX:089-966-2276

 

高齢者総合福祉施設ガリラヤ久米

〒791-1101

愛媛県松山市久米窪田町667番地1

TEL:089-970-9101

FAX:089-970-9103

介護ニュース

入居にかかるお金もひと目でわかる!東温市の老人ホーム探しは【みんなの介護