6月職員勉強会( ..)φ【ガリラヤ荘】

ガリラヤ荘では年間計画に沿って毎月内部研修会を開催しております。6月は「メンタルヘルス」「リスクマネジメント」「食中毒」について学びました。


「リスクマネジメント研修」

ガリラヤ荘では年に2回、リスクマネジメントの勉強会を行っています。

リスクマネジメントの言葉の意味はリスク(危険)を組織的にマネジメントすることで、その危害を最小限に防ぐことです。

介護現場で考えると、組織的に介護事故が起こることを未然に防いだり、再発防止に取り組んだりすることになります。

 

今回の勉強会では前半はガリラヤ荘でのリスクマネジメントに対する指針やマニュアルの説明を行い、参加者全員で再確認しました。

後半は写真を使ってKYTと言われる危険予測訓練を行いました。どの職員も真剣な表情で取り組みました。

ケアにリスクは存在しますが、その人らしい暮らしを支えながらも、併せてリスクマネジメントに精一杯努力していきたいと思います。

 


「食中毒勉強会」

ガリラヤ荘では、食中毒の危険性が増すこの時期に全職員対象で勉強会を行っています。

管理栄養士が講師となり、腐敗と食中毒の違いやアニサキスやカンピロバクターなどの特徴や注意点について学びました。

また、特に重要な予防として手洗いの仕方。しっかり時間をかけて洗うために歌にのせて手洗いをする方法をみんなで実践しました。

 


「メンタルヘルス研修」

笑顔で良いケアを目指して、ガリラヤ荘では職員の心の健康も大切にしています。

普段からNPO法人こころ塾にメンタルヘルスのサポートをお願いしています。

今日は村松代表理事を招いてこころのスキルアップ研修を行いました。

 

 

ストレッチや呼吸瞑想を実際に行い、マインドフルネスと言われるありのままの自分を取り戻してこころを安定させる方法を学んだり、イメージと言葉と動作を結び付け、気持ちの切り替え方を学びました。

どの方法も実用的で具体的な方法ですぐにでも実践できる方法でした。

笑顔で心のこもった丁寧なケアを実践するために、こころの健康づくりに努めていきたいと思います。


H30.7月は「基礎介護勉強会(食事)」「口腔ケア勉強会(基礎)」「地震・煙体験(防災センター)」の他、「排泄勉強会(ケース検討等)」を予定しております。